ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ダンボールに入れてからの荷造り

ダンボールに入れてからの荷造り

ビンと缶とダンボール 荷造り

基本的には、使わないものから梱包を行っていくと、スムーズに荷造りを行うことができるのです。

ライナーに限らず中芯及び貼合用糊、グルア用糊、印刷用インキも撥水・耐水用を使用して酒びん用のダンボールとしているのです。

基本的に、食器やお酒のビン類などのワレモノは新聞紙やクレープ紙という食器用の緩衝材で梱包するのです。

しかし、ビンというのはダンボールに収まりにくいものなのです。

特に梅酒などの大きいものは梱包も難しいようです。

大きいダンボールお探しの方にはN-4とN-5が重宝だと思うのです。

ダンボールを横から見たときにナミナミした模様に見える部分の材質を中芯と呼んでいるのです。

中芯とは波状になっている断面中芯とは段ボールの内側のことです。

つまりは波状部分を形成する紙のことでもあり、酒びん用のダンボールとして使われているのです。

割れ物の梱包は丁寧にするようにしましょう。

食器類は一つずつ新聞などで丁寧にに包むようにしましょう。

大きめの皿は、厚手のタオルなどで包むと良いと思うのです。

平らなお皿は、箱に縦に詰めるとショックに強いので横向きで入れないよう気をつけるようにしましょう。

段ボール箱の底にはプチプチや細かく丸めた新聞紙などのクッションを入れてショックをできるだけやわらげるようにしてください。

入れる物のサイズにきっちり合わせたい場合は、内寸で選ぶと、ぎゅうぎゅう詰めになったり、箱が変形するようなことはないのです。

このダンボール製緩衝材は各種製品の所要部の外形と包装容器の隙間の形状に合致した形に成形し易いとされているのです。

VD輸送用段ボールケースは環境負荷の低いダンボール素材での緩衝包装材であり、きめ細かい設計により緩衝性をアップしているようです。

ビンなどは、極力減らしておくようにしとくようにしましょう。

箱に詰める場合はもし割れてしまっても、外に漏れることを防ぐため大きなビニール袋の中に入れて詰めるようにしてください。

箱のコシを強めたい場合、160・180gと強度のある紙を材質の中芯に使うのです。

小さい小物はK5・Bフルートという材質で綺麗な印刷などを入れた箱が多いようです。

中芯は多層抄きの板紙で、通常4層抄きであるのが特徴となっているのです。

原料は主に古紙を使用しているのです。

V16やS16、S13、S11などたくさんの種類があるようです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。