ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ビンと缶の種類

ビンと缶の種類

ビンと缶とダンボール 種類

V20が最も硬くS11が最も柔らかいと言われているのです。

酒ビン用のダンボールとしては使えないのです。

Vと付く種類の紙は薬品を使用しているのです。

使いかけのものはふたをきちんと閉め、サランラップやビニール袋で口の部分を包むようにしましょう。

輪ゴムやガムテープでとめておくと少々のことで中身がこぼれることはないのです。

箱底には新聞紙を敷き、必ずその中に立てて並べるようにしましょう。

ビン底を保護する目的でもあるのですが、一番の目的は、多少中身がこぼれてしまっても衣服など他の家財道具にシミをつけないようにするためなのです。

ダンボールは、誰が使用したか分からないと思いますし、何が入っていたのかも分からないようですので、匂いの移りや、荷物の汚れ等の問題が発生する場合もあるようです。

裁断したダンボールを折り曲げたり重ねたりして立体的に組み立てて成形されるのです。

本発明は製造工程および組立が簡素であるとともに、梱包物品の突起部分における保護効果の高いダンボール製緩衝材を提供しているようです。

ビンなどの割れ物であれば、ビン同士がぶつかりあって割れないようにビンの周りを新聞紙等でまいておくと良いと思います。

もし並べた際にすき間ができるようであれば、新聞紙やタオルを詰め、中でビンが動かないように工夫するようにしましょう。

ダンボールを貼り合わせてコーナー部分をつくるとき、フルートの小口を見せる場合はそのまま貼りあわせればよいと思うのですが、見せない場合にはちょっと工夫が必要になってくるようです。

酒ビン用のダンボールとして販売しているのです。

より強度が上げられている強化芯のダンボールがあるのです。

ライナーほど種類は多くはないのです。

しかし、耐水性を向上させたものなどはたくさんあるのです。

S16等の表記もまたライナー表記と同様に業界の慣習的表記でもあるようです。

それぞれの企業によって異なるのです。

箱ごと振ってみてカチャカチャと音がなるようでしたらまだ緩衝材が足らないのです。

外部からの衝撃に備えるため、ガラスの厚みが薄いビンを箱の中央に持っていくとも効果的となっているのです。

1ケース、2ケースの極小ロットのダンボールと酒びん用の緩衝材は欲しいものなのです。

ダンボール製緩衝材は発泡スチロールの代替品として利用されているのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。