ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> 梱包用のダンボール

梱包用のダンボール

ビンと缶とダンボール 梱包用

販売をするそれぞれのお店はその廃材の処理を仕事の一環としてルートを作っているのですが、一般の家庭ではその廃材の処理のしやすさや、また環境保護の観点からリサイクルまでを考えねばならないのです。

ダンボール製緩衝材で厳しい落下テストや輸送テストを見事クリアしているのです。

小ロット対応で商品ごとのベストな設計。

よほどこぼれやすそうなものが入っている場合は、運ぶものが一目でビンや水ものが入っていると分かるように、ダンボールの上ブタを開けておくのも良いと思うのです。

梱包用ダンボール、緩衝材などの梱包資材を常時物流倉庫に在庫しているようですので、商品梱包で使用した分だけのお支払いも可能となっているようです。

又、印刷入りの専用ダンボールなどの梱包資材も手配できるようです。

釣竿を守るのに十分な強度があるのですが、少々値段が高いのが難点となっているようです。

食器類を入れる段ボールは、必ず新品を使うようにしましょう。

理由は中古では折り目などによって強度低下していますので、積み重ねたときに箱が変形する可能性があり、最悪な場合は中の食器類が破損してしまう可能性があるからなのです。

一見段ボールというと、水に濡れると波打ち、弱いイメージですが、段ボール遊具で取り扱っている素材は、通常の配送などに使われている段ボールではなく、輸出用の木箱の代わりや、建材にも使われている強化段ボールで作られているようです。

梱包の方法ですが、基本的にぬいぐるみは壊れ物ではないのでスーパーで貰った袋または、ビニールで保護し、その後百貨店の紙袋または、洋服店の紙袋に入れ、中身が見えないようにしっかりガムテープで封をして紙で宛名を書いた紙を紙袋の横に貼り付けて完成なのです。

梱包は、新聞紙・白薄紙等で包み、隙間のできないように箱詰めするのです。

洋服など壊れる心配がないものは梱包が必要ないかというとそうではないようです。

例えば、あなたの荷物と一緒に配送中のお酒の瓶が割れて漏れてしまったようです。

こわれものを扱う場合、商品に傷がつかないようエアクッション、エアパッキンなどが必要になるようです。

新聞紙はインクで汚れることがあるようですので、汚れが気になる方は、白薄紙で包んで、隙間を新聞紙で埋めるようにすれば汚れないのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。