ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ビンと缶の配送

ビンと缶の配送

ビンと缶とダンボール 配送

引越会社によっては衝撃緩衝材を使う所もあるのですが、自分ですると非常に荷物がかさばるようですし、紙梱包でも新品のダンボールを使っている場合は、意外と割れるとかはまず起きませんので、その点は安心してもよいかと思うのです。

ダンボールと言うと、水に濡れると波打ち、弱いイメージですが、ここで取扱っている家具の素材は、通常の配送などに使われているダンボールではなく、輸出用の木箱の替わりや、建材にも使われている強化ダンボールで作られているようです。

このとき荷物を梱包していなければ水濡れ・臭い・汚れの被害を受けてしまうかもしれないと思うのです。

また、雨の日の配達では商品が濡れてしまうことも多くあるようです。

調味料などのビン類は、キャップをしっかり閉め、万が一割れても中身が出ないように一本一本ビニール袋に入れ、さらにビンの胴の部分に新聞紙を巻いておくのです。

ダンボールの名前の由来は段の付いたボール紙ということで、ダンボールと命名されたといわれているようです。

私は郵便物の配送の経験があるのですが、雨の日の配送は難しく荷物が濡れないようにするのはとても大変だったようです。

テープ、メジャー、筆記用具も用意しておくようにしてください。

送料を計算するためのはかりもあると便利になっているのです。

箱を組み立て、底に新聞紙を丸めてクッションができたら、一本ずつ箱に詰めていくのです。

ダンボール箱に詰めるビンは、なるべく同じようなサイズに揃えるようにするのです。

ビンとビンの隙間には新聞紙を詰め込むようにしましょう。

合わせる材質を変えることによって、軽量・重量物を入れる強弱度があるものを製作ができるようです。

いわゆるラッピングと同じ効果となっているのです。

届いた荷物を開封したとき、商品が綺麗に梱包されていれば受け取った相手はきっと嬉しくなると思うのです。

梱包にはその人の人柄を感じるのです。

ビン類は重たくなりますので、箱の底の部分は十字にクラフトテープを貼るのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。