ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ワインとダンボール

ワインとダンボール

ビンと缶とダンボール ワイン

梱包が終わったら食器同様、箱の上蓋、横腹に上、ワレモノ、ビンの表示を忘れないようにしましょう。

受け取った相手は私のために商品を大切に梱包してくれたのだと思い、たとえ取引中にミスがあったとしても許してしまいたくなるものです。

ワインはゆうパックでも宅配便でも送れるのです。

送るときには、伝票にワレモノの欄があると思いますので、マルを付け、ワレモノ注意のシールを貼ってもらうのです。

手元の商品がそのままの状態で届くよう、丁寧で丈夫な梱包を心がけるようにしてください。

雨で中身が濡れないよう、ビニール袋などでの防水をしておくのも良いと思うのです。

また、重いと発送料金も上がってしまうようですので、できるだけ軽い素材を選んで梱包するようにしてください。

箱の大きさですが、あるものや購入して使う場合は、周囲の両側は、ビンよりも幅を広くして梱包材が入るような大きさを選ぶのです。

ビンの底にも梱包材が入る5cm以上のスペースを確保できる箱を選ぶのです。

しょうゆやお酒などの瓶類は倒れて割れたりしないよう、ひもを渡して仕切をつくったダンボールにまとめて荷づくりするようにしましょう。

瓶と瓶のすき間に丸めた新聞紙をしっかりと詰めてクッション材にする、瓶の底を新聞紙で巻いておくとさらに安心なのです。

ダンボールとは、その物ズバリで、ダンはギザギザの波型のことなのです。

ボールとはボードのなまった表現と言われているのです。

ビンの梱包は、プチプチ、エアーキャップで巻くのです。

次に梱包材を箱の中に十分に入れるようにしましょう。

新聞紙を丸めたものでも構いませんが、ビンの底の部分には厚めのクッションになるようにすることがポイントになっているのです。

ダンボールとは、表と裏にライナーと呼ぶ強靭な板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯という板紙を貼り合わせた厚みのある構造になっているのです。

箱の中にはビンを中心に、梱包材を詰め込んで、ビンが動かないくらいに押し込むのです。

これは、箱が配送時に少しくらい他の物に当たっても、中身が破損しないためなのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。