ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ダンボールの再利用

ダンボールの再利用

ビンと缶とダンボール 再利用

家庭や企業で利用されたダンボールの75%程度が回収され、原料として繰り返し再利用されているのです。

何と、現在ではダンボール原料の90%以上が古紙なのです。

ダンボールはその構造上から片面ダンボール、両面ダンボール、複両面ダンボールの3種類に分類されるのです。

梱包材を買う場合は、サラサラを使うのです。

袋入りで使用しても良いし、袋を破って、中身を出して使えば狭いところにも梱包材を入れることが出来るのです。

ちなみに単にダンボールと言う場合は1枚の板状のシートを指し、それが製品化されたものをダンボール箱だとかダンボール家具などと呼ぶのです。

片面ダンボールというのは波型の中芯とライナーを張り合わせたもので、箱としてではなく主に保護用緩衝材として使われているのです。

ワインを飲まない人にとっては、ワインはワインという一つのカテゴリーとなるのですが、ワインファンにとってはそのワインの中でも好みが分かれるのです。

例えば割れやすい商品を入れる箱の中仕切りなどとなっているのです。

両面ダンボールは中芯を2枚のライナーで挟んだ構造になっている、最も一般的によく見られるダンボールのです。

現在使われているほとんどのダンボール箱はこの両面ダンボールで出来ているのです。

贈り物は特定の一人に贈るものですので、ここを外してしまうとあまり考えずに選んだことが、滲み出てしまうものなのです。

ここを外さないためにも相手の好みをしることは、必要になっているのです。

直接聞きづらい場合は、相手の近い存在の人に聞いてでも、確認するようにしましょう。

ダンボールといえば引越の必需品なのです。

ダンボール箱がなければ引越の荷物をまとめられないのです。

最近の引越業者では、ダンボールではなく、繰り返し使える食器を入れるコンポや洋服をハンガーのままかけて運ぶコンポがあり、資源が無駄にならずに大変良いものだと思うのです。

複両面ダンボールは両面ダンボールに片面ダンボールを張り合わせたもので、中芯が二重でライナーは3枚になっているのです。

厳重な梱包を必要とする商品の梱包用資材として使われる他、ダンボール家具などとしても使われるのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。