ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> 贈り物としてのワインとビン

贈り物としてのワインとビン

ビンと缶とダンボール 新聞紙

ワインに関わらず、贈り物とは何のために贈るのか、を抑えておくようにしましょう。

ここを抑えておくか、そうでないかで、ワイン選びに失敗することはほぼなくなると思うのです。

大変頑丈なのでダンボールハウスを作るならこれが一番なのです。

ダンボールは、軽くいうえに程度な強度と衝撃を吸収することに優れているのです。

一方、必要以上の強い力や衝撃を受けると段がつぶれてしまうのです。

中身の入っている物は、ふたをしっかり閉め、ビニール袋に入れて新聞紙をまいたら、ダンボールの底に緩衝材を入れるのです。

贈り物とは、日ごろの感謝であったり、お返しであったり、相手を喜ばせることが目的となっているのです。

つまり、相手にとってネガティブな印象を与えてしまうことが、一番避けなければいけない所なのです。

ビンを仕切るようにひもをかけるのがコツなのです。

われもの注意の表示も忘れずに書くようにしましょう。

ふたをきっちり閉めて一つずつ新聞紙やエアーキャップで包み、万一割れた時のためにビニール袋に入れ、立てて入れるのです。

ワインを選ぶ際は相手の好みを反映し、悪いとされるヴィンテージを外すという、最低限調べられる範囲で選ぶようにしましょう。

そうすれば、自分のために考えてくれたことが自然と相手に伝わるようですし、大きく外すことも防げると思うのです。

すきまに新聞紙などを詰め、動かした時にビン同士がぶつからないようにするのです。

ダンボールがなぜ衝撃に強いのかというと、ボール紙とボール紙の間に、更に中芯と呼ばれるボール紙に段をつけたものが挟んであり、これが衝撃を吸収するからなのです。

ダンボールとはこの3層からなった紙を指し、ダンボール箱とは、このダンボールで作られた箱の事をいうのです。

小さいダンボールを選び、目立つようにビン、割れ物と書いておくようにしましょう。

ワインを日頃から飲む方はお気に入りのワイングラスやワインオープナーを持っているからなのです。

ワイングラスに記念日などを彫りこんで送りたくなりますが止めておくようにしましょう。

結婚式の引き出物と一緒で食器棚の肥やしになってしまのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。