ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ビンと缶とダンボールの強度

ビンと缶とダンボールの強度

ビンと缶とダンボール 強度

一般的にはダンボールといえばダンボール箱のことなのです。

ホームセンターやインターネットでも販売されていますが、引越シーズンになると、スーパーなどの店舗を回ってダンボールをもらい歩く人を見かけるのです。

一つ一つ包んで、新聞紙やタオルなどを敷いたダンボールに入れるのです。

一つずつ包めない時は必ず間にエアーキャップか新聞紙を厚めに挟み、お皿同士が触れないようにしましょう。

お皿は縦に重ねずに、立てた状態でダンボールに並べるのがコツなのです。

ワインを引っ越し祝いに贈るときは、贈る方の好みを知っておくようにしましょう。

ワインには赤、白、ロゼ、の種類かがありさらに銘柄や年代物などいろいろな種類があるのです。

ワインが好きな方はこだわりを持っているので事前に調べておくと良いと思います。

馴染みのあるミカン箱型のものなのです。

生産性もよく、オーダーのサイズでも型抜きが必要ないため、単価がダンボール箱の中でも一番低価格で箱の強度があるものになるのです。

縦に積み重ねると、圧力や衝撃で割れる可能性があるのです。

立てて並べた方が衝撃に強くなるようです。

専用の梱包材がない場合は、スーパーなどで段ボールや箱をもらってくるようです。

瓶をエアーパッキンでぐるぐる巻きにしてから外箱に入れるようです。

すきまには緩衝材をぎっしりと詰めるようにしましょう。

すきまに新聞紙などを詰めて固定し、箱をゆすってみて、カチャカチャという音がしないかどうか確認するのです。

小さいダンボールを選び、目立つように食器、割れ物と書いておくようにします。

温度、光に敏感なのです。

基本的に高温と直射日光はダメな場合が多いのです。

温度によって味、香りに影響があるのです。

味の劣化につながるといわれているのです。

箱の上下が差し込み式で閉めるようにフタがついているダンボール箱なのです。

底の構造が組み立てワンタッチ式になっているものや、そこも上蓋同様のもの、フタの部分に持ち手がついた物など、様々なものがあるのです。

コーヒーカップや急須など持ち手や注ぎ口があるもの、華奢な作りのもの、ワイングラスの脚などは、出っ張った部分が折れたり欠けたりしてしまう恐れがあるのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。