ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ダンボールに入れて保存

ダンボールに入れて保存

ビンと缶とダンボール 保存

ワインなどより保存は厳密ではないのですが、高温多湿と直射日光は苦手なのです。

日本酒の場合と同じく味の劣化につながるといわれているのです。

本体の箱にフタをかぶせて使うタイプのものなのです。

菓子箱のような形です。

贈答用の缶ジュースやギフトケースなどに使われるのです。

持ち手や注ぎ口などの出っ張った部分や細い部分は、厚紙を巻くなどして固定し、保護するようにしましょう。

さらに、ふきんやタオル、エアーキャップなどでていねいに包んでおけば安心なのです。

カップ類をダンボールに入れる時は、安定するように伏せて入れます。

冷蔵庫で保管するとアルコール分が澱のようになる恐れがあるようですので冷蔵庫には入れない方がいいでしょう。

瓶は空気に触れないように立てて保存するようにしましょう。

ダンボール紙でできた家具です。

強化ダンボール紙を使用して作られており、大人が乗ってもつぶれないほど強度のあるものなのです。

机や椅子など、様々なものがあり、普通の家具よりも軽いので転勤族の家庭では喜んで使っているのです。

食器、書籍類、台所用品を入れる箱は、みかん箱サイズを目安として選ぶようにしましょう。

また書籍類の重さに耐えうる材質で重ねてもつぶれないものを選ぶようにしましょう。

温度、湿度の変化、直射日光は禁物なのです。

温度は14℃前後、湿度は70%前後が理想といわれているのです。

40度以上の高温は香りを損ねるのです。

強化ダンボール紙は販売もされているようですので、紙を買って自分でデザインした家具を作ってみるのもいいと思います。

ダンボール家具の作り方の雑誌が出版されていますので参考にして作ってみるのもお勧めできます。

衣類やその他の雑貨用には衣類がしわにならない程度に、衣類を 折り畳んだ大きさよりも、箱の底面 が大きいものがよいと思います。

高温になると膨張して吹きこぼれ、その分だけ空気が入るため酸化するのです。

振動、温度、日光、湿度の影響を受けやすいのです。

必要な枚数の目安としては、タンス1棹につき4~5枚、本棚1台につき7枚、食器棚1台につき9枚程度なのです。

ダンボール箱を組み立てる時にダンボール箱の底を井桁に組まないようにしましょう。

井桁に組むと重さでダンボール箱の底が抜けることがあるのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。