ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> ビンと缶をダンボールで保護

ビンと缶をダンボールで保護

ビンと缶とダンボール 保護

強化ダンボールには2層のものと3層のものがあるようですので、用途に応じて使い分けてみるようにしましょう。

食器を入れる前に、ダンボール箱の底に、緩衝のために新聞紙を丸めて 敷くようにしましょう。

皿は立てて、コップ・茶碗はふせて入れるようにしましょう。

輸出用としては、木枠梱包の代替として、硬さを強化したダンボールシートを使った輸出用ダンボールがあるようです。

大きい重い物から入れ、上段にはなるべく軽い物を入れるようにしましょう。

ダンボール箱に、あまり深く考えずに手当たり次第に詰め込んでしまうと、あるダンボール箱が異常に重くなってしまい、持ち運びの時に大変な労働を強いられる恐れがあるのです。

段と段のあいだにも、新聞紙を丸めて敷くようにしましょう。

重心位 置があまりかたよらないよう注意するようにしましょう。

通い箱などとして何回も使う場合には、ダンボールケースではなく、プラスチックコンテナがよく使われているのです。

特にオリコンは折りたためるために空箱状態では体積がすくなくなりので重宝なのです。

ダンボール紙でできた家具となっているのです。

厚みのないものの梱包に適しているのです。

食器が中で動かないように新聞紙等の緩衝材を入れるようにしましょう。

使いかけのものは、フタをきちんとしめ、ラップかビニールで口の部分を覆い輪ゴムで止めるようにしましょう。

最近では自由なサイズのケースがつくれるとの理由で、プラダンケースも通い箱としてよく使われるようです。

ダンボール箱に入れた時、他のビンとぶつかる部分を食器包装紙等で丁寧に巻くようにしましょう。

ビンの底を保護するため包装紙を折り込んで包むようにしましょう。

折り込みタイプと完全に抜いたタイプがあるようです。

さらに持ち運びしやすいように加工することもできるようです。

高さ5センチに満たない箱の場合は、この形状をお勧め出来るようです。

高さ2センチ以内であればメール便にも使えるのです。

紙製なので、加工も簡単。

ビンであることが一目でわかるようにダンボールの上ブタは開けておくようにしましょう。

しっかり栓をし、ポリ袋に入れてから新聞紙で包むのです。

すき間には新聞紙をまるめて詰めるのです。

カン入りの油などで残ったものも、ふたのできるビンに移するのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。