ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボール >> 構造から見たビンと缶とダンボール

構造から見たビンと缶とダンボール

ビンと缶とダンボール 一般的

ダンボールは、構造的に見ると波型に成型された中芯とその中芯を保持するために貼合されたライナーと呼ばれる原紙からなっているようです。

衣装ケースは透明ですので、中に何が入っているかも一目瞭然ですし、実際に引越をする時には、衣装ケースが大変役立っているのです。

ダンボールとはこの3層からなった紙を指し、ダンボール箱とは、このダンボールで作られた箱の事をいうようです。

普通の段ボールが3枚の紙から構成されるのとは異なり、片面段ボールはまっすぐのライナと段々のついた中芯だけで構成され、段方向と同じ方に自由に巻きつけることができるようです。

衣装ケースにキッチン用品や衣類、小物などすぐに使う物と使わない物を何個かに分けていれているのです。

使わない物は、そのまま収納庫へ使うものだけを荷解きすれば良いので、とてもラクチンなのです。

ホームセンターやインターネットでも販売されているのですが、引越シーズンになると、スーパーなどの店舗を回ってダンボールをもらい歩く人を見かけるようです。

ダンボールは引越した後にゴミとして出すか、引越業者に回収にまわってもらわなくてはいけませんが、衣装ケースならばいろいろ使い回しができるのです。

ダンボールとは、表と裏にライナーと呼ぶ強靭な板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯という板紙を貼り合わせた厚みのある構造になっているようです。

巻き段ボールなどとも呼ばれることもあるようです。

一般的にはダンボールといえばダンボール箱のこととなっているようです。

衣装ケースの底に車輪がついていれば、さらに使い勝手が良いのですし、灯油缶ならば3缶入れる事ができるようですから、玄関から収納場所までコロコロと転がすことができるのです。

引越に便利なものは、意外と身近にあるのかもしれないと思います。

発送用に使う梱包材といえば、なんといってもまずダンボールなのです。

ダンボールはこれほど普及したのか、特にそれまで一般的に使用されていた木箱を駆逐したのかを考えてみますと、ダンボールには次の様な特徴があり、最も合理的な包装材料として認められてきたからにほかならないようです。

ダンボールといってもいろいろあるのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。