ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて

ビンと缶とダンボールについて

ビールを買う機会の多い方なら、缶ビールやビンビールをまとめ買いされた経験があるでしょう。

6本パックの缶ビールは、厚紙のケースにセットされて売られていることが多いでしょう。

あのパッケージは、おそらくはアメリカやオーストラリアが発祥だと思います。

向こうでは、缶ビールの自動販売機はありませんし、缶ビールを1本ずつ家庭用に購入することはほとんどありません。

ですから1/2ダースを一つの単位として缶ビールを購入することが多いと思われます。

そのときの運びやすい形状があのパッケージに落ち着いたのでしょう。

ビンと缶とダンボールについて記事リスト

ビンと缶とダンボールについてのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

パッケージにダンボールは少ない

ビールを買う機会の多い方なら、缶ビールやビンビールをまとめ買いされた経験があるでしょう。 6本パック・・・


衝撃を吸収する構造

6本パックの缶ビールでは、ダンボールが使われることは少ないのですが、これが24本セットなどとなると、・・・


ダンボールは加工しやすい

ダンボールは非常に加工しやすく、箱の底敷きや中仕切りもすべてダンボールで作ることができます。 その一・・・


コストについて(1)

ビンや缶などを梱包するのに、最も安い形状はみかん箱タイプの形状です。 この形状の箱に、飲料缶やビール・・・


コストについて(2)形状

ダンボールは単純加工形状の場合に、コストが安くなるのですが、みかん箱形状とならんでよく知られているヤ・・・


強度について(1)

ビンや缶をダンボールに梱包する場合に注意しなければならないのがダンボールの強度です。 ビンや缶は重さ・・・


強度について(2)

ライナーについては、C5、C6、K5、K6といった表記が一般的です。 ダンボールを横から見たときに波・・・


ダンボールでビンと缶を保護する(1)

梱包することの最も大きな目的は中のモノを保護することです。 梱包物がビンなどの割れる可能性があるモノ・・・


ダンボールでビンと缶を保護する(2)

衝撃に弱いアルミ缶や複雑な形をした洋酒やワインのビンなどは、ダンボールのフルートを厚くしたり、中仕切・・・


ダンボールの大きさとビンと缶(1)

ビンや缶を適切に梱包するためにはダンボールの大きさとビンや缶の大きさのバランスに考慮しなければなりま・・・


ダンボールの大きさとビンと缶(2)

ダンボールをオーダーするときには、ビンや缶の直径、高さ、形状などを正確に伝えましょう。 缶はシンプル・・・


ビンと缶とダンボールの共通点

ビンと缶とダンボールの共通点とは、何でしょうか? ビンはガラス、缶はアルミやスチール、ダンボールは紙・・・


ビンは生まれ変わります

ビンはリサイクルが出来る素材ですが、リサイクルの仕方から「リターナブルびん」「ワンウェイびん」の2種・・・


缶も生まれ変わります

缶には「アルミ缶」と「スチール缶」という2つの種類があり、前者はアルミニウムあるいはアルミニウム合金・・・


ダンボールは貴重な資源

ダンボールは新聞や雑誌と共に回収が行なわれ、再び新しいダンボールへとリサイクルが行なわれます。 資源・・・


ビンが空になったら

飲料を飲み終わって空になったビンはそのまま資源ごみとして出すのではなく、必ず水で軽く中身を洗っておく・・・


飲料缶を捨てる前に

飲料缶が空になった場合も、ビンと同様に水で軽く中身をすすぐ必要があります。 アルミ缶であれ、スチール・・・


ダンボールの処理方法

ダンボールはリサイクルが出来る素材として有名ですが、皆さんはきちんと正しい方法で資源ごみに出すことが・・・


ビンの再利用

輸入物の飲料が入っていたビンやワインボトル、ジャムが入っていた広口瓶など、綺麗な色やちょっと変わった・・・


ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。