ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> パッケージにダンボールは少ない

パッケージにダンボールは少ない

ビールを買う機会の多い方なら、缶ビールやビンビールをまとめ買いされた経験があるでしょう。

6本パックの缶ビールは、厚紙のケースにセットされて売られていることが多いでしょう。

あのパッケージは、おそらくはアメリカやオーストラリアが発祥だと思います。

向こうでは、缶ビールの自動販売機はありませんし、缶ビールを1本ずつ家庭用に購入することはほとんどありません。

ですから1/2ダースを一つの単位として缶ビールを購入することが多いと思われます。

そのときの運びやすい形状があのパッケージに落ち着いたのでしょう。

また海外ではビンビールは日本で言う中ビン程度の大きさのものが主流です。

これもまた6本一組で売られているケースをよく見かけます。

日本では、家庭で飲むビンビールは、いわゆる大ビンが多いので、これをまとめ買いするのは結構大変です。

ですから、家庭で飲むビールが缶ビールが主体になるまでは、たいていの場合、酒屋さんが配達してくれることが多かったように思います。

いずれにしてもダンボールの箱に梱包されている缶やビンのビールを見ることは少ないでしょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。