ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> 衝撃を吸収する構造

衝撃を吸収する構造

6本パックの缶ビールでは、ダンボールが使われることは少ないのですが、これが24本セットなどとなると、ダンボールが使われているパッケージも見かけるようになります。

ビンビールもプラスチックケースが多いのですが、海外のビールのセットなどでは、ダンボールを利用したものもあるようです。

ビンにせよ、缶にせよ、外側からの衝撃に対しては相当に注意しなければなりません。

ビンの場合には、強い衝撃を受けると割れてしまいますし、缶の場合には、中が真空になっていることが多いため、少しでも穴が開くと中身がすごい勢いで噴出してしまいます。

こうしたことを防ぐためにも、パッケージには、外側からの衝撃を吸収する構造を満ったものが適しているということになります。

その代表的な素材が、加工しやすく、かつ衝撃を吸収しやすく、コストも安いダンボールということになるのです。

ダンボールで梱包すれば、外側からの少々の衝撃は吸収してしまい、缶やビンに衝撃を直接与えることはありません。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。