ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> 強度について(1)

強度について(1)

ビンや缶をダンボールに梱包する場合に注意しなければならないのがダンボールの強度です。

ビンや缶は重さがあるモノですから、強度のないダンボールに梱包すると、輸送中に底が抜けたり、破れたりといったアクシデントに見舞われないとも限りません。

そうしたことを考慮して、しっかりとした強度を持ったダンボールを選択する必要があります。

そもそもダンボールの強度は、材質によって変わってきます。

ダンボールには、板を側面から見た形状と使われる紙によって「フルート」「ライナー」「中芯」という材質があります。

ダンボールで最も一般に使われるのがAフルートと呼ばれる約5ミリの厚さを持ったフルートです。

外装箱用途のダンボールで最もよく使われているフルートです。

さらに小さい箱や内容物が軽い用途に利用されるのがBフルートと呼ばれる厚さが3ミリのものです。

この厚さは印刷が綺麗にできるという特徴もあります。

さらに重量物などに使われるWフルートと呼ばれる8ミリの厚さのものです

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。