ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールでビンと缶を保護する(1)

ダンボールでビンと缶を保護する(1)

梱包することの最も大きな目的は中のモノを保護することです。

梱包物がビンなどの割れる可能性があるモノ、あるいは缶のようなへこんだりする可能性のあるモノは、梱包によってしっかりと守られねばなりません。

ダンボールは、さわればすぐにわかるように弾力性があり、柔らかさもあります。

これがダンボールが梱包材として多くのケースで使われている理由のひとつでしょう。

飲料缶やビール瓶などを守るためにも、ダンボールは有効に活用されています。

ダンボールの弾力性は、ライナーと中芯によって構成されるその独特の形状にあります。

一般には厚さ約5ミリのAフルートがダンボールには最も多いのですが、より強く中身を保護するためには、厚さ8ミリのWフルートが使われることもあるでしょう。

中に入れるビンや缶の形状によっても変わってきます。

一般にシンプルな形のものは衝撃にも強いのですが、飲料缶は触ればわかるとおり、シンプルな形であるにも関わらず、極力コストを抑え、かつ運搬が楽なように軽量化されています。

そのため衝撃には弱いのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。