ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールでビンと缶を保護する(2)

ダンボールでビンと缶を保護する(2)

衝撃に弱いアルミ缶や複雑な形をした洋酒やワインのビンなどは、ダンボールのフルートを厚くしたり、中仕切りで固定したりして、小さな衝撃からもビンや缶を守らなければなりません。

そのためには、単にダンボールで内容物を守るだけではなく、気泡緩衝材なども用いて中身が守られるようにしましょう。

まずはビンや缶のサイズと梱包数にあったダンボールの素材や形状を選択し、次に内容物がきっちりと固定されるような工夫をします。

そのためには中仕切りが有効でしょう。

中仕切りも、できるだけ缶やビンの高さに揃えたモノが望ましいと思われます。

その上で、隙間無く緩衝材を入れていきます。

緩衝材にもいろいろな種類がありますが、軽く、また扱いやすい気泡緩衝材を使うのが一般的でしょう。

ダンボールの利点は、かさの割には軽いということが挙げられます。

その利点を活かすためにも、緩衝材には軽いものを使うのが理に叶っているといえるでしょう。

気泡緩衝材は詰めるのも簡単です。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。