ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールの大きさとビンと缶(1)

ダンボールの大きさとビンと缶(1)

ビンや缶を適切に梱包するためにはダンボールの大きさとビンや缶の大きさのバランスに考慮しなければなりません。

もちろん気泡緩衝材などを利用してビンや缶を固定することもできますが、それらの内容物はけっこう重量もあるため、ダンボールなどが傾くと、思った以上に中のビンや缶が衝撃を受ける場合もあります。

そのような場合を想定すると、ビンの高さとダンボールの箱の高さはほぼ同じにするのが理想的といえるでしょう。

このような条件を満たすためには、やはり梱包するダンボールはオーダーするのがよいでしょう。

特にビンの形が変わっている場合や、一度に多くの飲料缶を梱包しなければならないようなときには尚更です。

ダンボールの製造工場にはどんなビンや缶を何本一度に梱包したいのかを話して相談しましょう。

箱の大きさをあまり大きくするとビンや缶が中で動いて危険な状態にもなりかねません。

また小さすぎると梱包することができませんからダンボールを注文するときには注意するようにしましょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。