ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールの大きさとビンと缶(2)

ダンボールの大きさとビンと缶(2)

ダンボールをオーダーするときには、ビンや缶の直径、高さ、形状などを正確に伝えましょう。

缶はシンプルな形をしていますが、特に横側からの衝撃には弱く、へこみやすくなっています。

飲料缶などはへこんでしまうと、売り物になりませんから、注意が必要です。

もちろんビンは割れてしまうと、どうにもなりませんし、梱包しているダンボールにもダメージを与えてしまいます。

そうしたことをさけるためにも適切なダンボールを選び、梱包に適した大きさのものをオーダーすることが重要です。

あまりたくさんのビンや缶を梱包する形態にすると、底面などに補強が必要になったりもしますし、持ち運びも大変です。

梱包するときには、その保管と運搬の事を必ず念頭に置きましょう。

案外、梱包することができると、それで満足してしまい、そのひとつひとつの重さに保管するのも運搬するのもたいへんといったことになりかねません。

またひとつだけのときには、何とかなっても、梱包したダンボールの数が多くなると、ひとつひとつが重いと大変です。

数を少なくするより、ひとつひとつの梱包を軽くして、箱の数を多くするほうが一般的に扱いは楽になります。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。