ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールは貴重な資源

ダンボールは貴重な資源

ダンボールは新聞や雑誌と共に回収が行なわれ、再び新しいダンボールへとリサイクルが行なわれます。

資源ごみとして収集されたダンボールが古紙回収業者などによって回収された後、まず向かうのがダンボール原紙を製造する製紙工場です。

製紙工場に到着したダンボールは濡らして溶かされ、ダンボール原紙へと加工が行なわれます。

そして、次に向かうのがダンボール工場です。

ここで、ダンボール箱の原型となるダンボールシートに加工され、その後折り目が付けられてダンボール箱が完成します。

なお、ダンボール工場で出たダンボールの破片や切れ端なども、決して無駄にはせず再び製紙工場へと送り返され、まんべんなくリサイクルに使われます。

日本におけるダンボールを含む古紙全体の再生率は約92.8%(2008年)であり、これはかなり優秀な成績と言えるでしょう。

ダンボールは貴重な資源ですから、ごみ出しルールを守ってリサイクルに協力したいものですね。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。