ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ビンが空になったら

ビンが空になったら

飲料を飲み終わって空になったビンはそのまま資源ごみとして出すのではなく、必ず水で軽く中身を洗っておくのがマナーです。

洗剤でゴシゴシ洗いまではしなくて大丈夫ですが、中身が残っているとリサイクルに利用するのが難しいばかりでなく不衛生ですので、気をつけましょう。

ビンに付いているキャップやコルク栓は取り外し、分別して捨てて下さい。

また、ビンの口にプラスティックの中栓が付いている場合がありますが、取り外しにくい場合は無理に外す必要はありません。

ビンに付いているラベルシールについても、そのままで大丈夫です。

なお、当たり前の話ですが、ビンの回収にビン以外の物を出すことはやめましょう。

ガラス食器や電球、蛍光灯、窓ガラスなどは同じガラスでもビンとは成分が異なるためリサイクルには利用出来ません。

よく間違えやすいのですが、耐熱ガラスも成分が異なるため、資源ごみでは回収されません。

哺乳瓶も耐熱ガラスなので、ビンはビンでも不燃ごみの扱いになります。

農薬や劇薬類が入っていたビンについては有害ガスを発生させる恐れがありますので、絶対に混ぜないでください。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。