ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールについて >> ダンボールの処理方法

ダンボールの処理方法

ダンボールはリサイクルが出来る素材として有名ですが、皆さんはきちんと正しい方法で資源ごみに出すことが出来ているでしょうか?

自分は大丈夫と思っていても、ここでもう1度ダンボールの処理方法について確認しておきましょう。

まず、ダンボールは必ず折り畳んだ状態で出すのが基本です。

よく、引越しや大掃除の後などダンボールが大量に出た場合に、1つのダンボールを箱の状態のままにしておき、その中に折り畳んだ他のダンボールを入れて集積所に運んでしまう方もいらっしゃいますが、必ず全てのダンボールを折り畳んで下さい。

ダンボールに貼ってある宅配便の送り状やステッカー、シール、ガムテープも全て残らず剥がしましょう。

ホッチキスで留めてある場合にも取り外し、分別して処分して下さい。

なお、ダンボールはリサイクルの際に水で濡らして溶かすので、雨や雪の日でも関係なく資源ごみとして回収され、活用されます。

資源ごみの日に濡れてフニャフニャになっているダンボールがあっても、心配要りません。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。