ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの素材 >> 衝撃を守るには

衝撃を守るには

ダンボールの箱にビンや缶を入れて、衝撃から守るのに、さらに万全を期したいなら、ダンボールとビンやカンとの間に緩衝材を入れるのが良いでしょう。

よく利用されるのがエアピローといわれるものです。

エアピローは、伸びがある強い素材でできた大粒の空気充填をするタイプの緩衝材です。

この緩衝材の特長は商品にぴったりと引っ付いて固定することです。

このことにより、ダンボールの内容物のゆれを防ぎ、それによって衝撃をほとんど内容物に与えません。

したがって、缶やビールを衝撃から守るのにぴったりなのです。

こうした特長を持っているため、ダンボールとエアピローの組合せは、缶やビンだけではなく、精密機器や柔らかいものまで多くの商品に利用されています。

特に高価なものを梱包する場合には、万全の注意が必要ですから、コストをかけてもしっかりとした梱包が求められます。

そのような場合にも、こうした空気緩衝材は非常に有効です。

運送事業者も安心して荷物を扱うことができるでしょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。