ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> 中古ダンボールを活用しよう

中古ダンボールを活用しよう

ダンボールも資源ごみに出せばリサイクルがされる素材ですが、1度や2度使っただけではまだ綺麗ですから、処分するのがもったいなく感じます。

そのような場合、大部分の方は再び宅配便に利用したり、あるいはすぐには使わない物を入れて使ったりすることでしょう。

しかし、もう一手間加えてダンボールを「見せる収納」にしてみませんか?ダンボールの表面に好きな包装紙やテープを貼ってみましょう。

ダンボールの側面を四角や丸、三角などの形にくり抜き、窓を作ると中に入っている物が分かりやすいですし、アートにもなります。

くり抜いた部分に内側からフィルムを貼るのも良いでしょう。

赤や緑、黄色などカラフルなフィルムを選ぶと斬新ですよ。

また、ダンボールは表ライナーと呼ばれる表面の紙を剥がすと、凹凸の中芯が見えてきますので、これを上手く利用して好きなデザインを掘ってみる方法もあります。

ダンボールは加工がしやすい上に丈夫で長く使える素材なので、色々とアレンジして楽しみましょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。