ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> ゴミとしてのダンボール

ゴミとしてのダンボール

ゴミ問題は各地で問題になっています。多くの自治体で、ゴミの埋め立て地や焼却施設について反対運動が起きていますが、埋め立て用地が満杯になってきている、焼却施設が古くて十分な処理ができないところがほとんどです。有害物質が出ないか、環境が汚染されるのではないかという不安が住民運動の根幹にあります。ゴミは増え続ける一方ですが、消費者、つまりゴミを出す人の考え方次第で、ずいぶんゴミの量が違ってきます。例えば生ゴミ。堆肥にしてしまえばゴミとして出す量はゼロです。ダンボールを使った堆肥づくりなら簡単で、しかも経費もかかりません。温度と湿度管理さえ気をつけていれば勝手に生ゴミは分解されていくので、ぜひ利用して欲しい対策です。できた堆肥は家庭菜園やプランター菜園で使えます。
燃えないゴミとして出されるビンや缶もリサイクルにできればゴミが減ります。アルミ缶やビンは再利用されるのですが、異物が混ざっているとうまく活用できません。機械的に分別する方法もありますが、最終的には手作業によるところも大きいのが現状です。これはニオイもきつく、たいへんな重労働です。ゴミを出す私たちが少しだけ気を配ることで、かなり削減できるのです。
ビンやダンボールをゴミとしてでなく、できるだけリユースすることもゴミの減量につながります。ダンボールは収納する箱に使えますし、ビンは油を保管するのにも使えますし、花瓶代わりにも使えます。私たちもこのようなゴミを資源として使えないか、ちょっとでも利用していくことを考えてみましょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。