ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> 水とダンボールと缶

水とダンボールと缶

水を運ぶ容器として、今まではビンや缶というのが常識でした。ところが、コストを下げなくてはならない、一度に多くの荷物を運びたいというニーズに応えて、ダンボールが使われることも多くなっています。20Lの容器の入った大きなダンボール箱は、ミネラルウォーターや液体肥料を入れて運ぶのに使われます。ダンボールは丈夫なものが使われており、箱が変形しにくくなっています。ダンボールには大きな口が開けてあり、そこから外に吸水口が出るようにした一体型のものもあります。ダンボールは軽くて持ち運びがしやすいという利点があり、危険物でなければこのようなダンボールが多く使われるようになってきています。一方、今でも一斗缶に入った液体は多くあります。業務用の油などは缶に入っていますね。缶は丈夫で、少しの熱や水にも変形することがないので、危険性のあるものを入れて運ぶのに適しています。
ビンも多くのものに使われますが、最近では強化プラスチックに良いものができて生きたため、ビンに代わって利用されることが多くなってきました。とはいえ、ビンは様々な薬品にも耐性があるため、塩酸などの危険物の容器にはビンが用いられます。一方でそれほど危険性がなくても日光などで変質しやすいものには、やはり缶が用いられるでしょう。ダンボールは比較的安心なものを運ぶ場合に使われる資材としてどんどん使われていくでしょう。水などはその意味でダンボールに適した液体の荷物だといえます。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。