ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> 割れ物を運ぶのに重要なダンボール

割れ物を運ぶのに重要なダンボール

ダンボールというのはある程度衝撃を吸収する事が出来る事からか、様々な割れ物などを運ぶ際にも利用されているようです。

そんなダンボールについて、今回は注目して頂きたいと思うのですが、割れ物などを運ぶ際にはただ中身に詰めるのにビンなんかを並べて入れるばかりではありません。

新聞紙や発泡スチロールを使って、より衝撃を吸収できるようにするという工夫がされていたりする事もありますし、その他にも中にダンボールシートを並べ立ててビン同士が接触しないようにするという工夫もあります。

割れ物と割れ物がぶつかってしまえば、皹が入ってしまったり何かと不都合があるでしょう。

傷物は商品に出来ないと思いますから、割れ物で尚且つビンなどを運ぶ際には、ダンボールシートを組み合わせて仕切りをつけた中で、ビン同士がぶつからないような工夫をして運びましょう。

商品の運搬の仕方というのは工夫が色々されてきていると思いますし、最近では傷一つでもクレームが来る事も多いでしょうから、それらには気を使わなければなりません。

なのでこうしたダンボールを利用する運搬の仕方でも、工夫一つ、それが大事なのです。

商品を安全かつちゃんと運ぶのには、どういった工夫がされているのかを見ていくと良いと思います。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。