ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> ビンと違うダンボール

ビンと違うダンボール

飲み物の入れられているビンなどに関しては、それらを綺麗に洗って消毒し再び利用される事などもあると思います。

思い浮かべやすいのは牛乳瓶などでもあると思うのですが、それら牛乳瓶などを利用した際には、再びビンとして利用できるように回収されて、洗浄されることになるはずです。

ですがそれに比べてダンボールと言うものはどうでしょうか。

ダンボールは一度使われて廃品回収などに出して回収して貰うようなことはあったとしても、それらが再び同じ形で利用されると言う事はそう無いと思います。

それは何故なのかと言うと、そのダンボールと言うものは一度利用してしまうだけで、強度と言うものが下がると言われているのです。

強度が下がってしまえばそのダンボールのメリットと言うもの自体が減り、本来であればそれを目的として利用されていたはずの梱包としては役に立たなくなってしまいます。

大事な荷物などを守るのに利用するのであれば、そう言った事は繰り返せません。

ですからそう考えると、ダンボールなどは同じまま利用をしていく事は難しいと思います。

ですが廃品回収などに出す事により、リサイクルとして使われ再び再利用されるという意味ではまた使う事が出来るので、そういった使い方をしていく事の為にも分別して処分する事は大切なのです。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。