ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> 変形加工形状の箱をアレンジ

変形加工形状の箱をアレンジ

ビンや缶を梱包するためのダンボールの箱は、通常のみかん箱のような単純加工の形状では難しいことが多いでしょう。

多くの場合、変形加工形状の箱をさらにアレンジすることが多いと思われます。

また缶やビンは高さのある場合が多いですから、高さのあまりないものを梱包するときによく使われるN式という形状のダンボールの箱はあまり使われないでしょう。

おそらくベースとして利用されるのは、「上差込下組式」「上下差込式」「上差込下風車式」などではないかと考えられます。

このうち、「上差込下風車式」のダンボールの箱形状はもともとお酒のパッケージによく使われる形状でもあります。

日本酒のビンに近い形状のものであれば、この形を応用して役に立つダンボールの箱を作ることができるでしょう。

どの形状にも、それぞれ特徴があり、また短所もあります。

先に述べたように空気緩衝材などの利用も考慮して、実際に役立ち、加工しやすく、コスト的にもメリットのあるモノを選びましょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。