ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> B式抜タイプ

B式抜タイプ

底面が平らでないと保管が難しいという場合には、「アメリカンロック式」ではなく、「B式抜」が良いかもしれません。

この形状の場合も、高さは高さ、幅、奥行き等もオーダーで自由に決められますし、底敷き、中仕切りも自由につけられます。

「アメリカンロック式」と同じく、箱の枠ができあがっていて畳まれた状態で搬入されます。

上下のふたを差し込む形状なため、底面もフラットになります。

そのため、底面を下にしたままでも重ねて保管できます。

自然な形で保管できるといってもいいでしょう。

この形状の場合、上下共に差し込んで封をするため、どちらの面も再封性に優れており、テープなどの使用量も、「アメリカンロック式」と同じく、大幅に減らすことができます。

またもちろん箱の枠はできあがっており、N式に比べると組み立てはとても簡単です。

ただしコスト面でいうと、「アメリカンロック式」と比較して、使用する紙の量が増えてしまうので、若干、コストがかかります。

底面がフラットであることにこだわるなら十分に価値があるでしょう。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。