ビンと缶とダンボールトップ >> ビンと缶とダンボールの種類 >> 仕切り一体型のダンボール

仕切り一体型のダンボール

4本や6本といったビンなどを梱包するには、「仕切り一体型」の形状が有効です。

この形状の場合も、箱の枠はできあがっていて畳まれた状態で搬入されます。

底面は4枚のふたを組み上げて、4区画、もしくは6区画の仕切りになります。

上ふたは差し込む形状になります。

上ふたも仕切りをつけることができます。

ビン状のものなどを複数本一度に梱包するのに向いています。

この形状の場合も差し込んで封をすることから再封性があり、テープの使用量は大幅に減少するでしょう。

また箱の枠ができあがっていることから、この形状も組み立ては非常に楽です。

また組仕切りや中仕切りを別途に用意する必要もありません。

ただし、この形状は4区画、または6区画にしか仕切ることができません。

それ以外の仕切り方をする場合には、他の形状を選択し、中仕切りによって、複数区画を作ることになります。

ダンボールは、加工が容易なため、抜き型などを作れば、どんな形状でも自由に作ることができます。

ビンと缶とダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。